Stape

MetaコンバージョンAPIゲートウェイVSコンバージョンAPI

更新された
2024/05/14
公開
2023/04/18
コメント
以下の言語でも利用可能

今日のデジタル時代では、ビジネスの成功には顧客データの追跡と分析が不可欠です。この目標の達成を支援するために、FacebookはMetaコンバージョンAPIゲートウェイとコンバージョンAPIという2つの強力なツールを開発しました。どちらのツールでも、クラウドサーバーを使用してユーザーの行動を追跡し、貴重な情報を収集して、企業のマーケティング活動を最適化できます。ただし、ニーズに最適なオプションを選択するには、これら2つのツール間の重要な違いを理解する必要があります。

この記事では、情報に基づく意思決定を行い、トラッキングと分析に最適なソリューションを選択できるよう、MetaコンバージョンAPIゲートウェイとコンバージョンAPIの違いについて説明します。

MetaコンバージョンAPIこのセクションへのリンクをコピー

MetaコンバージョンAPIゲートウェイとコンバージョンAPIは、サーバーサイドトラッキングとして知られるFacebookサーバーへのデータ送信方法です。トラッキングの制限とデータプライバシー規制の継続的な増加により、サーバーサイドトラッキングは広く普及し、場合によっては必須になりました。

サーバー側でデータを収集して処理することで、広告ブロッカー、クライアント側のスクリプト、その他の監視に関する問題に起因する不一致が解消され、より正確なデータが得られます。さらに、サーバーサイドトラッキングにより、ユーザーの匿名性を維持し、個人を特定できる情報(PII)を保護し、GDPRやCCPAなどのプライバシー規制に準拠することができます。

より高度なトラッキング機能とデータプライバシーの向上が求められ、サーバーサイドトラッキングの人気が高まっています。ただし、サーバーサイドトラッキングはクライアントサイドトラッキングよりも複雑であり、技術的な専門知識とサーバーサイドスクリプトへのアクセスが必要です。

MetaコンバージョンAPIを実装する最も一般的な方法の1つは、Server Google Tag Manager(GTM)を使用することです。GTMのサーバーサイド機能を使用することで、企業はカスタムコードを記述したり、サードパーティの統合プラットフォームを使用したりすることなく、顧客データをFacebookのサーバーに直接送信できます。

sGTMを介してFacebookコンバージョンAPIを実装すると、設定プロセスが簡素化され、カスタムコードを記述したり、サードパーティの統合プラットフォームを使用したりする技術的な専門知識のない企業にもアクセスしやすくなります。さらに、サーバーGTMは、すべてのマーケティングタグと分析タグを集中的に管理する場所を提供するため、長期にわたるトラッキングの実装の維持と更新が容易になります。

MetaコンバージョンAPIを統合するもう1つの一般的な方法は、バックエンドからMetaサーバーにデータを直接送信することです。このオプションにはFBとウェブサイトの間に仲介はありませんが、より高度な技術スキルが必要です。

MetaコンバージョンAPIゲートウェイこのセクションへのリンクをコピー

MetaコンバージョンAPIゲートウェイは、Events Managerのセルフサービス構成オプションです。これにより、簡単かつ冗長な方法でイベントをMetaピクセルとコンバージョンAPIに送信できます。設定は簡単なので、専門家を雇う必要はありません。

MetaコンバージョンAPIゲートウェイを設定する際に必要なのは、FBピクセルのトラッキングが正しく機能することを確認することだけです。CAPIゲートウェイがMetaピクセルに接続されると、Webイベントが自動的に検出され、関連イベントがサーバーに送信されます。

さらに、CAPIGは高度なマッチングを可能にする機能を提供します。ハッシュ化されたデータを1番目のCookieに保存し、それをイベントと共にコンバージョンAPIに送信できます。この機能を使用すると、より多くのコンバージョンを結び付け、広告を関連性のある人々に表示するのに役立ちます。

meta conversions api gateway advanced matching

加えて、CAPIGサーバーインスタンスのカスタムドメインを設定することで、CAPIゲートウェイのデータルーティングを最適化できます。これも、パフォーマンスの向上に役立ちます。

meta conversions api gateway data routing

しかし、デメリットの中には、Meta CAPIゲートウェイはまだ比較的新しいテクノロジーであるという点が挙げられます。Metaは新しい機能を提供し、既存の機能を更新する予定なので、そうした変更に備えることは理にかなっています。もう1つ言及しておきたいのは、Server Google Analytics、Google Adsなどを管理するには、サーバーGoogleタグマネージャーを使用する必要があるということです。

MetaコンバージョンAPIゲートウェイにご興味がありましたら、弊社のブログ記事をご覧ください。Stapeを使用すると、1分以内にMetaコンバージョンAPIゲートウェイをセットアップでき、7日間の無料トライアルも利用できます。価格設定もシンプルです。

  • 1ピクセルあたり月額10ドル。
  • 月額100ドルでピクセル数は無制限。

MetaコンバージョンAPIとコンバージョンAPIゲートウェイとの違いこのセクションへのリンクをコピー

さまざまなテクノロジーと利点を備えたMetaコンバージョンAPIとコンバージョンAPIゲートウェイは、どちらもサーバーからFacebookサーバーにイベントを送信するためのものです。どちらが最適かを選べるように、どのような状況でどれが最適なのかを検討してみましょう。

MetaコンバージョンAPIゲートウェイは以下の方に適しています。

  • MetaのS2S統合を簡単かつ迅速に設定したい方
  • S2S統合を設定するために専門家を雇う余裕のない方
  • Facebook広告のみを実行している方

MetaコンバージョンAPIは以下の方に適しています。

  • より高度な統合を求めている方
  • FBサーバーに送信するイベント、イベント、またはユーザーパラメーターをカスタマイズしたい方
  • FB広告以外のプラットフォームも運用している方

Stapeのホスティングこのセクションへのリンクをコピー

MetaコンバージョンAPI実装のどのオプションを選択した場合でも、stapeはserver Google Tag ManagerMetaコンバージョンAPIゲートウェイの両方に信頼性の高いクラウドサーバーを提供できます。当社は市場で最も手頃な価格と最速の設定方法を提供します。

FacebookのS2SトラッキングをsGTMを使用して実装する場合、stapeのFacebook CAPIタグをテストし、以下のガイドのいずれかに従ってFB CAPIを実装するのがお勧めです。

sGTMホスティングの料金は、sGTMコンテナが生成するリクエストの数によって異なります。リクエストとは、sGTMに送信する受信リクエストのことです。これには、gtm.js、analytics.js、gtag.jsなどのすべてのスクリプトの読み込みが含まれます。こちらでGTMの料金に関する詳細情報を確認し、料金計算ツールを使用してウェブサイトに最適なプランを見つけることができます。

また、Meta CAPIゲートウェイについては、1ピクセルあたり月額10ドル、またはピクセル数無制限で月額100ドルにて提供しています。さらに、すべてのユーザーは7日間の無料トライアルを利用できます。MetaコンバージョンAPIゲートウェイの実装は簡単です。この記事の手順に従って進めてください。

数千人のお客様が、Stapeのホスティングを信頼し、満足されています。ぜひ、その違いを実感してみてください。

結論このセクションへのリンクをコピー

MetaコンバージョンAPIゲートウェイとコンバージョンAPIは、どちらも顧客データのトラッキングに関してメリットがあります。ただし、特定のビジネスニーズに最適なツールを選択するには、それらの違いへの理解が重要です。

どちらが要件に適合するかの判断が難しい場合は、資格を持つデジタルマーケティングチームへお問い合わせください。利用可能なオプションを理解し、最適な選択しましょう。

ツールを正しく選択すると、マーケティングリサーチのコストを大幅に削減し、取り組みを最適化し、顧客のエンゲージメントとロイヤルティを向上させることができます。これはすべて、現代のビジネスの成功に不可欠な要素です。

サーバーサイドトラッキングの設定にヘルプが必要ですか?

私たちはサポートしています!アシスタンスを受けるをクリックして、フォームに記入し、見積もりを送信します。

サポートを受ける

GTMサーバーを Stape でホストします