Stape
検索

サーバーサイドトラッキングをはじめる方法

更新された
2024/06/13
公開
2022/02/26
コメント
以下の言語でも利用可能

オンライン広告の絶え間ない進化に伴い、新たな困難が生じています。 その1つがサーバーサイドトラッキングで、これはユーザーのブラウザではなくクラウドサーバーを利用してウェブサイト上のユーザー行動を監視するツールです。これは2020年に登場したもので比較的新しいため、まだ詳細に取り組んでいる人はあまりいません。

したがって、新しいマーケティング戦略を進め、ソーシャルメディアで広告を掲載するのなら、この新しいトラッキング手法について知っておく必要があります。私たちはサーバーサイドの初心者向けにこのブログ記事を作成しました。ここでは、サーバーサイドトラッキングの利点、サーバーサイドタグ付けをサポートする最も一般的なプラットフォームの概要、さまざまな使用例、およびsGTM用のStapeサーバーの長所についてご説明します。

1. サーバーサイドトラッキングとは?

今日、多くの組織が一貫性のない分析データに不満を抱え、データの所有権やプライバシーについて懸念しています。そうした場合、サーバーサイドトラッキングが問題の解決に役立つ可能性があります。それでは、その動作をより詳しく見てみましょう。

サーバーサイドのタグ付けにより、データはクラウドサーバーを介してトラッキングプラットフォームとサードパーティベンダー間で共有されます。 ユーザーのブラウザを使用する必要がなくなります。 サーバーコンテナは、あなたが管理するクラウドサーバー上で動作します。

server-side tracking

サーバーサイドのタグ付けの導入は、Server Google Tag Managerコンテナの登場によって大きく影響を受けました。sGTMのインターフェースを使用すると、最も人気のあるプラットフォームでサーバー間トラッキングを実装できます。ウェブGTMもサーバーGTMコンテナのデータソースとして使用できますし、ウェブとサーバーのGoogle Tag Managerを接続することもできます。サーバーGTMにデータを供給するには、Google Analytics 4またはData Tag/Data Clientを使用できます。

ウェブ(クライアントサイドのタグ付け)に似ているように見えるものの、サーバーGTMコンテナは完全に異なるロジックで動作するサーバーサイドトラッキングを使用しています。

2. クライアントサイドトラッキングに対するサーバーサイドトラッキングの利点とは?

クライアントサイドトラッキングは、分析プロバイダーが直接ユーザーのブラウザと通信する伝統的なトラッキング形式です。トラッキングタグがアクティブ化され、コンテナはページの読み込みと同時にロードされ、すべてのインタラクションデータが分析プロバイダーに送信されます。これにより、ページの負荷が過剰になり、ページの速度が急激に低下し、セキュリティとサードパーティクッキーの問題が発生します。

browser tagging with google tag manager

ここでサーバーサイドのタグ付けの登場です!サーバーサイドトラッキングは、ITPやiOSの制限およびAdBlockerによるデータ損失を管理し、ウェブサイトの高速化やデータの保護を行うことができます。サーバーサイドトラッキングでは、カスタムサブドメインを使用して、停止や検出ができないファーストパーティクッキーおよびサーバーサイドデータストリームを作成します。これがすべての鍵となります。

トラッキングの相互作用はブラウザとサードパーティのサービスとの間で発生します。しかし、サーバーサイドトラッキングでは、中間ポイントが追加されます。つまり、クライアントのブラウザではなくクラウドサーバーがリクエストを処理します。この場合、Google Tag Managerのクラウドサーバーがそれにあたります。リクエストはまずクラウドサーバーに送られ、その後サーバーが処理してサードパーティのシステムに送信されます。

server-side tagging with google tag manager

3. Server Google Tag Managerを利用したサーバーサイドトラッキング

私たちは、他のプラットフォームよりもServer Google Tag Managerを利用する方が良いと考えます。私たちの考えるGTMへの移行の主なメリットは以下の通りです。

  • ページでの最小限のコーディング。サイトの読み込み時間が短縮されます。
  • 透明性と利便性。簡単な構成とスクリプトのトラッキング。
  • バージョン管理システム。どのような変更も簡単に元の状態に戻すことができ、また変更を行った人や場所、時刻を把握することもできます。
  • マルチユーザーモード

ウェブサイトにGoogle Tag Managerのサーバーサイドのタグを設定するには、このブログ記事をご覧ください。

4. サーバーサイドトラッキングをはじめるのに、stape が最も簡単で安価である理由。

stapeを使用すると、1分以内にサーバーGTMを設定できます。また、当社は市場で最も安価なソリューションです。stapeはサーバーを長期間にわたり大量購入しているからです。さらに、Google Tag Manager専用にサーバーを最適化しています。

それに加えて、当社には他にも次のような長所があります。

1. gtm.jsおよびgtag.jsローダーのカスタム。これにより、Google Tag ManagerやAnalytics 4のスクリプトがブロッカーに対してより耐性を持つようになります。

2. グローバルCDN。サイト訪問者に近いサーバーを使用することで、より高速なjsファイルの提供が可能です。これにより、ページ速度が向上し、オーガニックなランキングに良い影響を与える可能性があります。

3. ログ。サーバーサイドのタグ設定やトラブル対応時に便利な機能です。サーバーに送信されたデータやその処理方法を把握するのに役立ちます。たとえば、すべての購入イベントのステータスが200(正しく処理されたことを意味する)かどうかを確認したり、応答コードが500のリクエストをすべて確認したりできます。

4. プレビューヘッダー。リクエストがウェブGTMから送信されたものではない場合に、sGTMデバッガーですべての受信リクエストを確認するのに役立ちます。

詳しくは、こちらのブログ記事をご覧ください。

大規模なサイト向けのカスタムプランもご提供しています。こちらの価格計算ツールを使用して、お客様のサイトに最適なプランを見積もることができます。

5. サーバーサイドトラッキングをはじめる方法

初めてで様々な設定に戸惑っている方のために、サーバーサイドタグ設定を開始する際の必須リストをご用意しました。

Server Google Tag Managerコンテナの設定

サーバーサイドタグ付けの最初のステップは、sGTMコンテナの構成です。stapeを使用すると、sGTMコンテナ用のタグ付けサーバーをワンクリックで設定できます。必要な手順は次のとおりです。

1. https://tagmanager.google.com/にログインします。

2. 新しいコンテナを作成します。

3. コンテナ名を追加し、ターゲットプラットフォームとしてServerを選択し、作成をクリックします。

4. 「手動でタグ付けサーバーをプロビジョニング(Manually provision tagging server)」を選択。

5. コンテナ構成をコピーします。

6. お使いのapp.stape.ioのアカウントにログインします。

7. 「コンテナの作成」をクリックします。

8. コンテナ名を追加し、Google Tag Managerからコピーしたコンテナ構成を貼り付け、サーバーの場所を選択します。サイト訪問者に近いサーバーをお勧めします。

add a container at stape

9. このステップは任意ですが、強く推奨します。タグ付けサーバーのカスタムドメインを設定し、CDNを有効にすることができます。カスタムドメインはファーストパーティクッキーの設定に役立ち、Global CDNはユーザーのロケーションに近いサーバーからjsファイルを提供します。Global CDNを有効にする前に、自国のトラッキングポリシーをご確認ください。

10. これらの設定のいずれかまたは両方を有効にしたら、DNS設定を更新する必要があります。 コンテナのDNS設定はstapeアカウントにあります。

11. 「作成」をクリックします。コンテナのデプロイに10分程度かかる場合があります。コンテナのステータスが実行中になったら、サーバーサイドタグ付けの設定に進めます。

12. Server Google Tag Managerコンテナの設定を開き、サーバーコンテナURLを追加します。カスタムドメインを設定した場合は、サーバーコンテナURLの設定時にそれを使用してください。ステップ9でカスタムドメインを設定していない場合は、app.stape.ioで作成したタグ付けサーバーURLをコピーして使用できます。

add tagging server URL

 13.ステップ9でカスタムドメインを設定した場合、サイト上のGTMスクリプトの更新を強くお勧めします。 カスタムドメインを使い、tag manager.google.com を置き換えます。

Server Google Analytics 4

Server Google Analytics 4の設定は、UAの設定と似ています。

 1. Google Tag Managerサーバーコンテナに移動し、[クライアント]をクリックして、Google Analytics 4クライアントを作成します。

2. サーバーコンテナ内でGA4タグを作成します。タグに移動→「新規追加」をクリック→GA4を選択します。

3. 前のステップで作成したタグ用のトリガーを作成します。GA4の場合、トリガーはクライアント名がGA4である必要があります。

4.  Google Tag Managerサーバーコンテナのデバッグモードを開き、GA4がサーバーから機能していることを確認します。サーバーデバッガーはウェブよりも更新に時間がかかりますので、設定を再確認する際はコンソールを開き、Google Analyticsリクエストを確認します。すべての設定が完了したら、変更を公開するのをお忘れなく。

Server Google Ads

十分なデータを獲得して広告キャンペーンのパフォーマンスを評価し、Googleの機械学習アルゴリズムに企業の目標に関する追加情報を提供するためには、Google Adsのコンバージョントラッキングが必要です。Adwordsタグをサーバーに移行することで、ウェブページで実行する必要のあるコードの量を減らし、インターネット接続が遅い場合のパフォーマンスの問題も解消できます。

サーバーサイドのGoogle広告トラッキングは、サーバーGA4リクエストを使用した場合のみ動作します。つまり、Server Google Adsに移行する前に、サーバーサイドGoogle Analytics 4を設定する必要があります。

Server Google Adsの設定方法はこちらをご覧ください。

1. サーバーサイドGoogle Analytics 4が正しく設定されていることを確認します。

2. サーバーコンテナでConversion Linkerタグを設定します。このタグはすべてのページビューでトリガーされる必要があります。

3. サーバーGTMでGoogle Adsのリマーケティングタグを設定します。ウェブのリマーケティングタグの設定と似ています。Conversion IDを追加し、GA4リクエストを使用する必要のあるトリガーを選択します。また、動的リマーケティングイベントデータを送信したり、カスタムパラメータを提供したりすることもできます。

4. サーバーコンテナで新しいGoogle広告コンバージョントラッキングタグを作成します。Web Adwordsタグの設定と同様に、Conversion IDとConversion Labelを追加します。次に、製品とユーザーのデータを追加するオプションがあります(FacebookコンバージョンAPIの動作に非常に似ています)。ユーザーデータと製品データをウェブからサーバーに送信する場合は、これらのチェックボックスを有効にし、データソースとしてイベントデータを選択します。Adwordsサーバーのコンバージョンは購入イベントでトリガーされます。

Facebook conversion API

Googleのプラットフォームとは異なり、Facebookはウェブとサーバーの両方のトラッキングを推奨しています。ウェブ+サーバー方式の主な利点は、(可能な場合)引き続きサードパーティクッキーを利用できる点です。サーバーのみのアプローチの主な利点は、サイト上のサードパーティJavaScriptの数を減らし、FBに送信されるデータを厳密に制御できることです。したがって、ウェブ+サーバーのFBトラッキングを使用するか、サーバーのみを使用するかはあなた次第です。

FB CAPIの設定は、ウェブ+サーバー方式を使用する場合イベントの重複排除が必要であり、電子メール・電話番号・名前などのユーザーパラメータの送信が必要とされるため、より複雑です。

FacebookのコンバージョンAPIの設定については、当社のブログ記事をご覧いただくか、Google Analytics 4を使用したFacebookのコンバージョンAPIのビデオをご覧ください。

その他のプラットフォーム

さて、サーバーサイドトラッキングがマーケティングキャンペーンにとって必須であることをご理解いただけたかと思います。ただし、これは比較的新しい技術であり、すべてのプラットフォームが提供しているわけではありません。例えばTwitterなどが該当します。そこで、サーバーGTMをサポートしているすべてのベンダーの要件、手順、およびドキュメントをまとめたリストを作成しました。

当社のクライアントに最も人気のあるサーバーサイドトラッキングのプラットフォームは次のとおりです。

6. 高度なサーバーサイドトラッキング

この記事ではサーバーサイドトラッキングを直接実装する方法について解説してきましたが、この他にもサーバーサイドトラッキングは、これまでウェブトラッキングでは利用できなかった、もしくは実装が難しかったハイレベルなチャンスを与えてくれます。そのうち最も一般的なものをいくつかを取り上げます。

1. CRMをsGTMに接続

CRMからsGTMにウェブフックを提供することができます。sGTM内でウェブフックのデータを取得し、任意のプラットフォームに追加できます。たとえば、ユーザーパラメータやオフラインイベントを使用してFacebook Conversion APIデータを強化するのに使用できます。また、店舗注文をPOSからGoogle Analyticsに送信することもできます。

2. Firestoreを使用したデータの強化

Firestoreはドキュメントのコレクションを保存するデータベースです。sGTMを使用すると、Firestoreとの間でのデータの読み書きが可能になります。sGTMとFirestoreはデータの強化という点で無限の可能性を提供します。 Firestoreへのデータの読み書きについての詳細なガイドをご用意しています。

3. Googleシートの統合

Stapeは、sGTMとGoogleシートを統合するカスタムタグを作成しています。サイトからGoogleシートへと任意のデータを追跡するのにZapierのようなツールを使用している人にとっては、絶好のチャンスです。Zapierのようなツールは高価ですが、sGTMを使用すると同様の統合をほぼ無料で行うことができます。 sGTMのGoogle Sheetタグについては、こちらの記事をご確認してください。

これらは非標準的なsGTMの使用例の人気トップ3ですが、ブログ内には他にも多くの記事があります。

7. サーバーサイドトラッキングのケーススタディ

ここではサーバーサイドのタグ付けの最も一般的なケースを紹介しますが、その他にも多くの可能性が存在します。サーバーサイドのインパクトやデータの見え方については、その実装方法に大きく依存します。実装が不十分な場合、結果が悪化する可能性もあります。

サーバーサイドトラッキングは新しい技術に依存する複雑なトピックですので、実装する担当者は十分な注意が必要です。

サーバーサイドトラッキングの設定にお困りの場合は、Stapeにお任せください!いくつか手短に質問させていただき、翌営業日までにご連絡いたします。

stapeカスタムローダーの使用

カスタムローダーは、Stapeがお客様に提供する最注目の人気機能の1つです。カスタムローダーを使用すると、トラッキングを広告ブロッカーに対して耐性のあるものにすることができます。

調査によると、インターネットユーザーの約25%が広告ブロッカーをインストールしており、ユーザーの属性や国によって異なりますが、これによりユーザーデータの約25%を失う可能性があります。

例えば、カスタムローダーのパワーアップを設定し、サーバーサイドGA4を使用してFB CAPIを設定したとしましょう。Stapeカスタムローダーのパワーアップにより、gtag.jsやgtm.jsが広告ブロッカーから見えなくなります。そうして広告ブロッカーが有効な状態でユーザーがサイトにアクセスすると、GTMとGA4だけでなく、FBもデータをトラッキングします。

サーバーサイドトラッキングとカスタムローダーの使用により、サイト訪問者に関するデータを最大30%多く追跡できます。

Facebook conversion API

Facebookは広告主にCAPIの実装を推奨しています。これにより、獲得単価を下げ、測定を改善させることが期待されます。

FacebookコンバージョンAPIのキャンペーン結果への影響は、実装の正確さと精度におおいに依存します。Facebookは、最大の効果を得るために次のベストプラクティスを推奨しています。

  • FBピクセルとFB CAPIを同時に使用する
  • イベントの重複排除を実装する
  • ユーザーパラメータをFB CAPIイベントと共に送信する
  • イベントをリアルタイムで共有する
  • イベントマッチの品質スコアを向上させる

FBはカスタムオーディエンスや類似オーディエンス向けの高品質のデータを取得できます。また、FB広告マネージャーでのコンバージョンの正確な割り当ても可能となります。これらのベストプラクティスを全て実装した場合、当社のクライアントはFBイベントマネージャーで最大98%のコンバージョンを確認できます。

Klaviyo

Klaviyoのサーバーサイド統合により、標準的なKlaviyoの実装と同様の結果が得られ、その主な利点はss Klaviyoによってサイトの速度が低下しないことです。

当社のクライアントの中には、サイトからKlaviyoのJavaScriptを削除することで、ページの速度スコアが7ポイント向上したケースもあります。

ページ速度の向上。

サーバーサイドトラッキングを実装するための理想的なスキーマは、sGTM用の主要なデータソースを1つ用意し、それを使用してすべてのプラットフォームでssトラッキングを設定することです。

このシナリオでは、サイトから不要なサードパーティのトラッキングスクリプトをすべて削除できます。サーバーサイド・トレーシングがページ速度に与える影響についてのケーススタディの記事もご用意しています。

結論

サーバーサイドトラッキングの設定は、ウェブサイトのパフォーマンスを向上させ、より正確なデータを取得するための優れた方法です。最初は少し手間取るかもしれませんが、このガイドがあれば問題なく始めることができるでしょう。

このブログ記事では、サーバーサイドトラッキングをはじめるために必要な一般的な情報をまとめ、あらゆるガイドと使用事例を取り上げました。お困りの際は、support@stape.ioまでお気軽にご連絡ください。お客様のニーズを理解し、タグの世界に飛び込むお手伝いをいたします。

GTMサーバーを Stape でホストします